期間限定劇団(大阪/神戸)座・市民劇場参加者の声


卒業後、半年でNHKテレビドラマに出演!数多くの舞台にも出演することが出来ました> 20代男性


◎芸能界に興味を持ったきっかけ

 

きっかけというほどのものはあまりないんですが、単純に演技やモノマネが好きで一人でよく演技をしていました。中学の時にテレビでミュージカルをみて「こんな世界があるんだ」って思った事が一番のきっかけです。

 

 

◎同オーディションに応募した理由

 

調理師として働いてきた僕にとっての初めての試みだったので、
少し勇気がいりましたが、地元から大阪に出てきてまずはやってみよう!と思い
「初心者でも舞台に出演できる」という市民劇場さんの事を見つけて応募しました。

 

 

 

 

@入団してよかったこと、変化したこと

 

 

入団してから周りに姿勢がよくなった。と言われる事が多くなりました。
所属している劇団では役者として大切な「身体作り」「表現力」の稽古を重点的におこなっています。

その成果か演劇未経験だった僕がいきなり主役級の台詞の量で、舞台に出演させて頂いたり、

所属して半年以内にテレビ出演のお話も頂いたりと多くの舞台、映像の経験をさせて頂き、嬉しい事がいっぱいです。

そして、共に活動していく仲間と出会う事ができました。

 

 

@現在、どのように活動をしているか

 

 

現在、座・市民劇場をサポートしている劇団StgaeSSZakkadanの一員として活動しています。

舞台もちろん、NHKテレビドラマや松竹映画など、少しの出演ではありますが、数多く舞台や映像の現場を経験させて頂いてます。

また音響や照明などスタッフも勉強中です。

 

 

 


≪お芝居も楽しかった!それ以上に一緒に舞台を作った仲間と過ごす事が楽しかった≫ 20代女子(学生)

高校の時、演劇部に所属していました。その当時からお芝居が好きで、もう一度やってみたいと思い、応募しました。

 

参加してみると、今までに話た事のないような世代の方が多く、

 

稽古へ参加するたびに色んな話が出来て、とても楽しかったです。

 

公演が終わり解散する頃には、メンバーと離れることがとても悲しい気持ちでいっぱいでした。

 

今でも当時のメンバーとは時々連絡を取り合い、集まっています!!

 


「3年越しの応募★自分のやりたい事への喜びは大きかった」by40代女性

質問①

座・市民劇場へ入ったきっかけは?

 

お芝居をしたいなぁ~と思って、ネットの検索で座・市民劇場のホームページを見つけました♪

40代半ばで参加したのですが、5歳~80歳までと年齢層が幅広く

稽古はいつも刺激的でした。稽古終わりにみんなでご飯を食べにいったりと

世代を超えて色んな方と出会う事が出来るのは、市民劇場の魅力だと思います。

 

質問②

実際の稽古はどうでしたか?

 

稽古内容はとってもユニークで、正直最初は少し戸惑いましたがw

回を重ねるごとにやみつきになりました

また、市民劇場の母体である劇団の方々がサポートされていて、稽古場の雰囲気も明るく和やかで

安心して通う事が出来ました。

今思えば、大きな声を出して思いっきり身体を動かす事がストレス発散になっていたのかもしれません。w

 

質問③

参加を悩まれてる方へ

 

もし、本当にやりたい事はなんだろう?

何かをやってみたい。と思っている方は是非、挑戦して欲しいと思います。

同じ目標をもった仲間と出会う事もできたし、

新しいもう一人の自分、色んな自分に出会えます。

そして、何よりも好きな事をしているからこそ、日々の暮らしにもメリハリが生まれたのか

「最近、楽しそうだね」と周りから声をかけられるようになりました♪

 

実は座・市民劇場の存在を知りながら、家庭や仕事の事情で3年越しの応募でした。

色んなタイミングで参加が難しかった今、本当にやって良かったと心から感じています。

人よりも3年と時間はかかりましたが、自分へのやりたい事への喜びは大きかったです。

 

もし、参加を悩んでいる人がいらっしゃれば、まずは飛び込んで欲しいです。

体験しないと、わからない事がここには沢山あります。

 


<自分の居場所を見つける事ができました>by20代 社会人女性

Q、座・市民劇場に入ったきっかけは?

 

学生の頃から舞台芸術を学べる学校に行っていました。

学校を卒業する時期になり、友達が専門学校にいくなど進路が決まる中、

 「アルバイトしながらやっていこうかな?」 と思った時期もあったんですが、 ご縁があり、今の就職先で働く事が決まりました。

 

 社会人になって1年目。

 仕事にもまれてる日々の中、仕事で失敗が続いていた時に

 

「やっぱり自分は事務職とか向いてないのかな?」

 「ずっとやりたい。と思ってる演劇の方がいいのかな?」

 

と悩んでいた頃、どっちが向いてるか?知人に相談したら、「演劇」という答えを受け、それが自信になり、

 

「もう一度やってみよう!」と思い、市民劇場さんに応募を決めました。

 

Q、座・市民劇場を選んだ理由は?

 

もう1度、演劇をやろう。と思った時にはブランクが1年もあり

自分自身、新しい気持ちでスタートしたいと思い「初心に戻って参加出来る場所」を探してました。

 そこで、演劇の基礎から学べて、初心者やブランク有でも参加OKな

 市民劇場さんに応募しました。

 後は、金額面も良心的で、続けていきやすそうと思ったからです。

 

Q、実際に入ってみてどうでしたか?

 

実際に入ってみて、一緒に参加していた仲間とも仲が良くて、毎週、みんなに会うのが楽しみでした。

 一番はやっぱり演劇は楽しい!面白い!が一番です。

 「私の居場所はここだったんだな」と感じる事ができ、本当に参加して良かったと思っています